So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2013年09月 |2013年10月 ブログトップ

ロングトレイル初挑戦・・・⑥ [登山日記]

槍ヶ岳山荘から見えた槍ヶ岳ヒュッテヒュッテ大槍は近そうで意外に大変でした。

DSC07554-1.jpg
右側の赤い屋根の建物ね。

DSC07559-1-2.jpg
岩場だし、はしごあるし。

DSC07558-1.jpg
しかし、自分がわりと岩好きだと知ったw

DSC07609-1-4.jpg
こちらから眺める槍ヶ岳がカッコいい。

DSC07598-1.jpg
ヒュッテには特製つけ麺がありました!久しぶりのラーメンに感激!

DSC07590-Edit-1-4.jpg
飛行機雲と槍の穂先

DSC07601-1.jpg
殺生ヒュッテにも行ってみたいなぁ・・・でも、今回は筋肉痛がハンパ無いので次回に。

DSC07587-1.jpg
いつか槍ヶ岳ヒュッテヒュッテ大槍にも泊まってみたい。

DSC07620-1.jpg
さてさて、いきなりガスが出てきたので戻ります。

この後、台風18号の影響で荒れるとのこと。
槍平に降りてしまうか、もう一晩槍ヶ岳山荘に泊まるか悩みました。
もう一晩槍ヶ岳のふもとに留まるとして、とりあえず暴風雨の中でのテント撤収を避けるため小屋泊まりに変更。
激しい雨風の音を聞きながら眠れぬ夜を過ごしたのでした。
3時ごろから動き出す人も多く、自分も3時に起きて朝食をとり、レインウエアを着込み5時ごろ意を決して小屋を飛び出しました。
風の強い千丈乗越で何度も飛ばされそうになりながら、槍平小屋に着いたときはほっと安心。
夢中で素手でトレッキングポール握ってたので、手のひらの皮がめくれるほど・・・緊張していたのですねぇ。
落ち着いたら痛みが激しくなってきたので手袋をしました。最初からすればよかったのに^^;
その後は小雨の中、沢沿いを降りましたがごうごうと水が流れる沢を何箇所か渡るの怖かった!
また、いろいろな噂のあの避難小屋も怖かった・・・そこでしっかりお休みしましたけど。
とにかく長い長い下山路だったなぁ・・・とどめは白出沢出合からの林道の長さ!
槍ヶ岳山荘から新穂高駐車場まで8時間も歩き続けたことになります。これは自分至上一番長い歩きかも。
奥飛騨の湯で5日分の汗を流し、食欲無いな~と言いつつもカレーを無我夢中で食べてしまった。
実は空腹だったのですね。疲れすぎていろいろな感覚が麻痺してました。
そんなこんなで最終日の写真はナシ。
暴風雨も疲れたけど、もし、晴れていたらまた星や夜明け撮っていただろうし、そうしたら疲れ方はもっと酷かったんだろうなと
今振返って思ったり。
写真撮るために山に登り始めたのに、このままではなんとなく山登りがメインになってしまいそうですね^^;

さて、次の山行は反省を活かせるかどうか・・・でも、5日間山で過ごすことができてちょっとだけ自信がついたのでした。
長い山記事お付き合いありがとうございました。


nice!(39)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

紅色巾着田・・・2013 [日記・雑感・お知らせ]

山記事の途中ですが、巾着田に今年も行ってきたので割り込みで~す♪
北アルプスロングトレイルの翌週末も山に行っていたのですが、3連休最終日は筋肉痛や疲れをおして満開情報の巾着田へ。

DSC07879-1.jpg
昨年まではαでしたが、今年はCanonシステムで。αの時ほどレンズを持っていないのでちょっと物足りないなぁ。

 

DSC07924-Edit-1-5.jpg
今年も白い彼岸花咲いていました。

 

DSC07971-1-5.jpg
ちょうど満開でした^^

 

 

DSC07927-1.jpg
やっぱり撮ってしまう一本彼岸花。

 

 

IMG_8228-Edit-1-5.jpg
いつもながらワンパターン・・・でも今年はいつもより高い位置からですよ♪

 

IMG_8874-1-5.jpg
こんな感じもいつも通り。

 

IMG_8376-Edit-Edit-1-5.jpg
今年も台風の影響か倒木あり。

 

DSC08073-1-5.jpg
山疲れの自分・・・撮影中、実はこんな感じw

 

DSC07966-Edit-1.jpg
ココまでではないけど・・・

 

 

IMG_9044-Edit-1-5.jpg
この日は写真仲間と一緒。わいわいと楽しかったなぁ。

 

IMG_8880-Edit-1-5.jpg
もりもりっ!と咲いてた彼岸花・・・赤い色に元気を貰ったYo~♪

ご一緒させて頂いた皆様どうもありがとうございました。
また何処か撮りに行きまっしょ♪

 

 

 

 


nice!(47)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ロングトレイル初挑戦・・・⑤ [登山日記]

実は登るつもりはまったく無かったのです。
なんちゃって登山を始めて3年、なんとなく形になってきたのはここ1年・・・まだ挑戦するには早いと思っていました。
でも、気持ちよい星空や夜明けを見てしまいテンション↑↑↑

DSC07499-1.jpg
・・・行けるところまで行ってみよう。ちょっとナーバスな背中^^;

 

imgc1283.jpg
登り始めると手にする岩がなんとも気持ちよい・・・するするする~っと

 

imgc1281.jpg
登ってしまいました。憧れの槍さま。

 

DSC07526-1.jpg
山頂から眺める景色が本当に素晴らしい!

 

DSC07517-1-4.jpg
影富士ならぬ影槍

 

 

DSC07533-1-4.jpg
最初に泊まった鏡平も、双六岳も、ずっと歩いてきた西鎌尾根もいっぺんに見渡せる。

 

DSC07540-1.jpg
怖いかな~と心配だった下山も楽しくてあっという間!
興奮しすぎて喉がからからだったので小屋のお高いコーヒーを買って一気飲み♪

 

DSC07554-1.jpg
コーヒー飲みながら、ふと気になる岩の道と建物が・・・燕山荘グループの槍ヶ岳ヒュッテですね。
燕山荘で食べたような生パスタやビーフシチューがあるんじゃないか?

行ってみよう!

・・・つづく

 


nice!(50)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ロングトレイル初挑戦・・・④ [星・夜景の写真]

あまりに辛い西鎌尾根・・・吐き気と頭痛に襲われ、テントで昏々と眠ること数時間。
気がつけば辺りはし~んと静か。なんと9時。食事しないでしまった^^;

たくさん眠ったせいか元気復活!外に出てみると・・・

imgc1233.jpg
月は大きいけど満天の星空&雲海!

 

imgc1232.jpg
カシオペアと槍ヶ岳

 

imgc1234.jpg
穂高の山々(多分)

 

imgc1230.jpg
槍ヶ岳山荘と槍ヶ岳

寒いのでちょいちょいと撮ったら、また寝袋直行です。

imgc1229.jpg
頑張って夜明け前にテントから出てみるとオリオンが。

 

imgc1227.jpg
どんどん赤く染まります。

 

DSC07412-1-5.jpg
槍の上にはたくさんの人。暗いうちから登れるなんてすごいな~!

 

DSC07433-1.jpg
遠くに富士山も。

 

DSC07408-1-5.jpg
今日は晴れそう!

 

DSC07472-1-4.jpg
朝焼けに染まる御嶽山と乗鞍・・・おはよ!

ここまでずっとお天気悪く、星空や夜明け撮れないかな~と諦めていたので本当に嬉しかった。
元気が出たので朝ごはん食べてパワー充電!

行きますよ~(何処に?)

つづく


nice!(48)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

ロングトレイル初挑戦・・・③ [登山日記]

北アルプス縦走記事の途中ですが、Ⅴの容量がいっぱいになってしまったので急遽Ⅵを作成しました。
久しぶりの設定に手間取り、更新が遅くなってしまいました^^;
有料コースにしようかとも悩みましたが・・・どうですか?有料会員の方、使い心地のほうを教えて頂けると嬉しいです。
このⅥが終わるころには本気で考えないと!

  *********************************************************************

さて鏡平から双六まではずっとお天気いまひとつ。憧れの双六も残念ながらガスの中の出発となりました。

DSC07240-1.jpg
双六岳登ってから、目指す方に行こうと思ったのですが、ガスの中で山頂踏んでも・・ということで今回はスルー。
お天気の良い日に鏡平と双六岳リベンジすることにしてあっちへ行きますw

 

DSC07253-1.jpg
樅沢岳まで一気に登る。

 

DSC07262-1.jpg
そして下る。登ったり下ったりの長い尾根道はきつい!

 

DSC07274-1.jpg
これくらいのクサリなら問題なし!しかし、後半にはかなり手こずる場所がありました。リュックが重いですからね^^;

 

 

DSC07284-1.jpg
少し明るくなってきた!

 

DSC07308-Edit-1-5.jpg
しかし会いたいあのとんがりは見えない・・・

 

DSC07323-1.jpg
まだ見えない・・・

 

DSC07361-1.jpg
この辺り辛かったなぁ・・・

 

 

DSC07368-1.jpg
やっと千丈乗越。

 

DSC07371-1.jpg
やっと見えた槍さま。しかし、乗越から山荘までが思いのほか遠く感じました。
結局、双六小屋から槍ヶ岳山荘までのコースタイム5時間のところを6時間半掛かってしまいましたよ。
相変わらず亀足です^^;
ふらふらの体でなんとかテント張ったら、倒れ込むようにそのまま爆睡。
槍ヶ岳アタックも夕焼けも晩御飯も忘れて、目が覚めたら夜9時・・・・つづく。

 

 



-|2013年09月 |2013年10月 ブログトップ